お盆と骨盤

 お盆は、久しぶりに姉家族と会えて、会話が弾みます。ついでに箸もすすみます手(グー)お互いの近況を語り合ううち、気がつくとグラス片手に2~3時間はあっという間です。さあそろそろお開きかしら、と立ち上がろうとしたその時!か完全に固まっているよ~お尻とひざとこしぃー右斜め下学生時代に足首の靱帯を断裂してからは、長い正座はできない私は、座卓では横座りか長座(足をまっすぐ伸ばして座る)です。基本的にどの座り方であっても、長時間続けることは、腿の付け根とお尻に上肢の重圧がかかって下肢の血流は悪くなりますし、特に横座りは左右非対称に歪みも加わって良くありません。いつもレッスンで、皆さんにゆがみを身体に入れて欲しくなくて、お伝えしていることなのに、今夜は自身がうっかりしてしまいましたふらふら。眠りに就く前に、ちょこっとメンテナンスヨガを楽しむことにいたします。もしかしたら、同じように過ごしている方々沢山いらっしゃるかもしれませんね~

トップページ

 いままで冬景色だったトップページがようやく夏になりました。(いまごろ)ラベンダー色がスタジオカラーなので、冬色でもよしとしていましたが、トナカイさんが冬空を駆け上っていく絵柄を、蝉の大合唱を聞きながらみるのは、違和感がありすぎます。スタジオは、四季が織りなす美しい風景に囲まれ、恵まれた環境にあるのに…あら?と思いながら度々ページを開けてくださっていた方、季節感を無視しつづけていて、大変失礼しました!これからは皆さまに和んで楽しんでいただけるように努めていきたいと思っています。今後もよろしくお願いいたします。

旅のお供に

 先月からスタジオに足を運んでくださっているSさん、ヨガの恵みをしっかりと身心で受け止めてくださっています。今日はアクティブ系のレッスンに励んで下さいました。神奈川から帰省されたばかりのKさんとお二人の濃密な時間になりました。山登りに似た達成感、爽快感を得られるのが、アクティブなヨガの魅力です。ひとつひとつのポーズを身体の隅々まで意識をめぐらせ、重力とバランスを取り続ける心地よい集中は、お二人の空間を良い気で満たしていきます。背中にシャワーを浴びたように汗をかいて、キラキラと優しい笑顔のお二人から、まるでマイナスイオンが出ている様でした。(笑)
 そして、Sさんからうれしいお言葉がもらえたのです。「ヨガをはじめてから、快調です。体温も上がっているようです。そのせいか、暑さも気にならない感じです。」きちんと身体の変化を感じてもらえています。その良い変化は、ヨガを継続することで、広がっていきます。Sさんはそのみずみずしい感性で、心身良好の広がりを、さらに感じていくことでしょう。「Sさん、楽しくて心地よいヨガワールドの旅、自身の身体に向き合い続ける旅に、これからもお伴させてくださいね。」        
   

アンチエイジングへの道

 レッスン開始前の準備で、スタジオいっぱいにありったけのマットを敷きつめたら、わくわくしてきました。アンチエイジングレッスンは、いつもとは違ったシチュエーションで「これから何が始まるんだろう?」と感じて欲しいのです。なぜなら、それが歳を重ねていく感覚そのものでありたいから。子どもの頃は明日何が起こるんだろう、って胸躍らせて毎夜眠りに就いたものでした。いつの間にか歳を重ねるにつれ、明日への不安や、ストレスなどが入眠に付きまとうように…  
 ほっそり美人のYさんは、アンチエイジングレッスンへ初参加です。エイジレスな人のイメージについて、キーワードを出して下さいました。生き生きしている人・姿勢がきれいな人・こだわらずに何にでもチャレンジする人。そんなポジティブスピリットを支えるのは身体ではないでしょうか。だから、身体の声を聞きながら、必要に応じて適した癒し方と鍛え方を身体に与えることが大切になります。そうした積み重ねが身体を錆びさせず、個々が持っている健康美を引き出せるのではないでしょうか。Yさん、イメージはばっちりです!筋肉を鍛えている時、ヨガポーズ行っている時、精神も一緒に軟らかく、しなやかに強くなっているんですよ。
 柔軟性や、筋力、筋バランスを向上させるために、用具を効果的に取り入れたヨガレッスンは、時には爆笑したり、生まれたての子羊のようにぷるぷるふるえたり、いろんなシーンがありました。YさんМさんお二人はとっても生き生きと楽しく取り組んで下さいました。ほんの少しの勇気と、頑張りで、アンチエイジングへの楽しいスタートになりました。

かけこみ骨盤調整

 このうだる様な暑さの中、骨盤調整に足を運んでくれたお二方、ありがとうございます。お仕事を終えて、水も飲まずに駆けつけてくださったJさん、よくおいでくださいました!レッスン開始5分前、汗だくで息を弾ませながら「すみません!お水いただけますか?!」「はい!どうぞどうぞー!」よほど喉が渇いていらしたのか、ゴクゴク一気に飲み干して下さいました。なんてかわいらしい方だろう…私は一生懸命な方に惹かれてしまうのです。(恋愛感情でないが)いつも以上に骨盤調整魂に火がついたのでした。つい先ほどまでバリバリとお仕事をこなしていたお二人。しかもJさんは、お水も飲まず急いでかけこんで下さいました。骨盤はおそらく締まり気味…という予想は的中しました。細かい説明は割愛しますが、骨盤の開きは自律神経とつながっていて、交感神経優位(仕事モード)の時は、骨盤は締まり気味に。ゆっくり休む夜の快適入眠に向かう、適した状態は副交感優位の骨盤は開き傾向になるわけです。お二人の骨盤調整に必要なアプローチを、取り組んでいただくこと60分。ラストは呼吸でリラックスしながら、骨盤をチェックすると、がんばった分の成果は、開きにきちんとつながっていました。心の中で「よかった~これでゆっくり休んでもらえる~」と呟くのでした。
 ちなみに竿灯初日、50キロもの竿を持つ勇壮な姿を見た瞬間の呟きは、「右の腰使ったら、左の腰も使おうね、男の人だって骨盤ずれちゃうんだよ」って、なんで普通に応援しないのよー(笑)

がんばろうボールちゃん

 昨夜の疲労回復クラスでは、夏のお疲れが呼吸筋に潜んでいることに気づく時間となりました。「吸う息の時、背中も膨らんでいる意識がありますか?」何気なく聞くと、みなさんキョトン、シーンとしているではありませんか。え!?もももしかして…すぐに聞き返す私。「みぞおち硬くなってませんか?」みなさん再びキョトン。これで決まった、このレッスンの最後にはボールちゃんの出番だわ…心の中でつぶやく私。
 疲労回復には絶対に必要な深ーい呼吸。得られなければ、どんなに良いポーズも効果は期待できません。酸素がよく取れて、肺のお部屋の換気がしっかりできるから、呼吸そのものがとても大切なのです。そして、みぞおちというのは、横隔膜を意味しています。肺の収縮をつかさどっています。ここが縮んでしまうと浅い呼吸しかできません。気温が高いと、そのストレスにより、呼吸が浅くなります。深くすると体温が上がるためです。…こういう場所はなかなかポーズで軟らかくなりません。ここで、ボールちゃん登場です。みぞおちの真下にボールを入れ、うつ伏せになって刺激をもらいます。はじめいたいけど、軟らかくなってくると痛みも消えていきます。
 会員さんが帰り際に「すっごい身体軽くなりました!」と瞳をキラキラさせて言って下さいました。ボールちゃんのおかげです。これからもみんなの身体を癒してあげてね。200キロまで耐えられる優秀なボールちゃんは、私の大切な仲間なのです。

いってらっしゃいボールちゃん

 今夜のプライベートレッスンは、おしゃれでお仕事もしっかりこなす方のお身体へのメンテナンスヨガでした。身体にはその方のお人柄や、頑張ってきた歴史があります。頑張り屋さんの身体は、疲労困憊でも休まずに頑張り続けたたことを、硬く縮んでしまった背中や重苦しい肩などが物語っています。そんな方を大勢見てきた私は、ポーズ以外のアプローチで、少しでも凝り固まった部分をほぐすことはできないかと考えました。なぜなら、呼吸も広がらないほど苦しい状態であったり、ポーズではなかなか効果が望めない状態を、目の当たりにしたからです。
 そこで見つけたのが、ボールによるマッサージケアです。ボールは、介護予防や転倒予防などの指導に使っていたのですが、丸くて身体のどこにあたっても心地よく、色や形からも癒されるので、疲労回復に使えるのでは?と自分で使ってみました。どの角度から、どのように圧をかけていけば効果的かしら?と。ボールも知っている方のお店にこだわって仕入れたりして…スタジオには、体重に耐えられて、心地よく疲労を緩和してくれる、可愛いボール達をスタンバイさせています。
 今夜は私の好きな、パープル1号が御奉仕のため、スタジオから出向に。頑張って御奉仕するんだよ、1号。いっぱい可愛がってもらって帰っておいで…

みんなの骨盤調整

 お互いに顔が違うように、骨盤も(骨盤に入った歪みも)違います。お仕事や生活習慣、抱えているストレスなどそれぞれですよね。骨盤は臓器を覆いながら、24時間体制で開閉の営みを繰り返しています。夜の骨盤は緩んでリラックスするのが理想的なので、夜の骨盤調整レッスンでは、できるだけ左右対称に開いた骨盤帯を目指したアプローチをしていきます。
 今夜は自分を入れて9人、スタジオの空気が足りなくなるようでしたが、良い気で満たされ、素晴らしい集中を生み出していきました。そしてその成果はきちんと一人ひとりの骨盤に表れたのです。驚きました。全員に成果が出たんですもの!あっちょんぶりけー!!(古すぎる)骨盤は正直です。 みなさん素敵です。心から拍手を贈ります。私は興奮して眠れないかも…ああ自分の骨盤が…でも嬉しすぎる…